きょうのふむふむ

戦わない主婦のひとりごち日報。めざすのは丁寧な暮らし。

リーガルハイ黛真知子先生の靴が実用的かつ、かわいい。

http://instagram.com/p/h-Q7LzI5_S/

毎週楽しみにしているドラマ、リーガルハイ。新垣結衣さん演じる黛真知子のファッションが定番もおさえつつ可愛いくて、なかなか実用的だなぁと、毎回思っています。(もちろん、ガッキーが可愛いというのも大前提としてありますが…)

本格的に寒くなってきてからというもの、冷えが怖い私は、スカート・ショートパンツにパンプス率がすっかり減って、パンツにブーツを履くことが増えました。しかしパンツスタイルにブーツって意外と難しい。

細身のパンツを履くことが多いので、ロングブーツだと必然的にブーツインになってしまうのですが、それはなんか、低身長の私には違う感じがする、というか似合わない。それに結構歩くことが多いので、あわよくばヒールが無い方がらくちん。なんだかんだ色々考えた挙げ句、いつもミネトンカのショートブーツかスニーカーという、どちらもカジュアルな選択を迫られる。

厚手の靴下が履けて(←ここ大事)もうちょっとフォーマルな感じの靴を投入したいな、とZOZOとか楽天とかを覗いていたときに、ふとリーガルハイで黛先生が履いていたコンフォートシューズを思い出したのです。

というわけで、さっそく調べてみた。

リーガルハイの衣装 新垣結衣・堺雅人・岡田将生【ドラマ衣装】 - NAVER まとめリーガルハイの衣装 新垣結衣・堺雅人・岡田将生【ドラマ衣装】 - NAVER まとめ

NAVERまとめにも記載されている通り、どうやらDonCarlosというブランドの靴らしい。聞いたことないブランドだなぁと思っていたら、南青山にあるrev k shopというお店のオリジナルブランドだそうです。

rev k shop : 南青山骨董通り レディースシューズ専門店 -rev k shop : 南青山骨董通り レディースシューズ専門店 -
楽天にオンラインショップもあります。

【楽天市場】東京・南青山の靴店です。:南青山rev k shop[トップページ]

 どうやらリーガルハイ以外のドラマにも多数衣装提供してるみたいです。都市伝説の女長澤まさみさんが履いているパンプスも可愛かったなぁと思っていたら、こちらに売っていた。

靴は履いてみてから買う派なので、先日南青山の実店舗に行ったところ、運良く合うサイズがありましたが、やっぱり現在品薄だそうです。商品が入ってくる前に予約がいっぱいになってしまうとか…。ドラマの効果って凄いですね。

そして問題の履き心地は、とても満足です。値段の割に作りもしっかりしていて、驚きました。履き込めば革も良い感じに馴染んでいきそうです。そしてなにより信頼のMADE IN JAPAN。サイズ感は普通ですが、厚手の靴下を履く場合はワンサイズ大きいものにした方が良さそうです。私も普段より大きいサイズ買いました。

rev k shopさん、他にも素敵なパンプスやオペラシューズが沢山並んでいたので、暖かくなってきたら春物もじっくり見に行きたいです。

 

話は少しそれますが、こういう上質な天然皮革の靴の良いところって、手入れを怠らず大事に履けば、ずっとずーっと履けてしまうところだと思うんです。なので購入時は、飽きがこない様スタンダードでシンプルなデザインを選ぶように心がけています。

もちろんお手入れグッズも一式揃えています。

KIWI キィウイ シューシャインキット SK-35A

KIWI キィウイ シューシャインキット SK-35A

 

 靴墨・クリームはコロンブスのものが個人的に好き。

 ぼろぼろになった革靴も一生懸命磨くと、結構生き返ります。また、私はまだ経験がありませんが、なかなか上手くいかない時はプロに頼んでみるのも良いかもしれません。

いつのなんの番組だったかは忘れましたが、なにやら凄く洒落た靴磨き屋さんをテレビで見た。

こちらも調べたらHPを発見しました。

Brift H|ブリフトアッシュBrift H|ブリフトアッシュ
外見はカウンターバーの様な感じで、とても靴を磨いて貰う所には見えないのですが、技術は確かな様です。代表の長谷川裕也さんはGUCCIのブログでも紹介されていました。

シューシャイナー、長谷川裕也さんと靴を磨く。|GUCCI JAPAN

実際に行かれた方のブログもありました。

最高の靴磨き ブリフトアッシュ

相場は分かりませんが、価格もなかなかリーズナブルな様です。

ちなみに場所はrev k shopと同じく南青山にあるそう。いつか行ってみたい。

 

“自分の定番のお気に入り”を見つけて大事にずっと使うことってとても素敵だと思うし、好感がもてます。

ファストファッションが溢れている現代ですが、これからは“使い捨て”ではなく、“ずっと大事に使う”を意識したお洒落や、お買い物を心がけたい。

広告を非表示にする